じゃんぽ~る西さんのコミックエッセイが面白い

じゃんぽ~る西さんの「パリ愛してるぜ~」を読みました。

マンガ家である日本人男性の著者が、単身渡仏してパリで暮らす様子を描いたコミックエッセイです。
男性目線が新鮮だと帯に書かれていたのが目に留まり、興味をひかれて手に取ってみました。
確かにパリに憧れる日本人女性は多いと思いますが、たとえ嫌な目にあっても「パリだから」と全て受け入れるくらいフランスかぶれの男性は珍しいかもしれませんね。

そんな著者がアルバイトしている日本食品店に、砂糖入りの醤油を求めてやって来るお客さんが多いというエピソードはとても印象に残りました。
砂糖醤油が醤油さしに入ってテーブルに置かれていたら日本人の感覚ではおかしいですが、需要があるということなんですね。

そして、すぐにキレるフランス人女性、やっぱり怖いです。
小心者の私から見たら、こんなに周囲に怒りをまき散らしながら生きていけるなんて、いっそ清々しくてうらやましくも感じます。
ダメな部分も含めて、それでもどこまでもおしゃれで魅力たっぷりのパリに、死ぬまでに一度は訪れてみたいと思いました。

お尻丸見え フンドシ娘は、今人気のふんどし女子のエロ漫画。
獅子舞の中でお尻まる見えなフンドシっ娘とエッチする展開が面白かったです。

コミック版「ラブライブ!」4巻目について

コミック版「ラブライブ!」4巻目について書きたいと思います。

イラストは少しがさつですが、まあまあ味があります。

コマ割はほどよくまとまっていると思います。

それにしても、ご本家ラブライブの漫画って、まだ連載されていたのですね。

4巻目は勝負をテーマとして描かれていますね。

少し女の子らしさがなくなってしまったのは、残念です。

4巻目には「乳もみ」シーンはありませんでしたね。

どこまでエッチなシーンを入れるのかが難しいところなのかもしれません。

キャラクターは女の子同士なので、私はそちらの方が好みです。

女同士のレズ的な漫画が好きです。

4巻目でも、もう少し「エロかわ」なシーンがほしいところです。

それにしても、コミック版「ラブライブ!」の5巻目は出版されるのでしょうか?どうせ4巻目を出したなら、5巻目も出版してほしいところです。

私は、「小泉花陽」が好きなので、5巻目では小泉花陽を描いてください。

エロかわいい女の子が好きなんで、女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。と言うエロ漫画もすごく好みでした。

天井から落ちてきた女の子とHする夢のようなシチュエーションもさることながら、巨乳のツンデレヒロインな大家さんがすごくかわいい作品です。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料立ち読みできる電子子コミックです。

とにかくリヴァイ兵長がかっこいい漫画「進撃の巨人」

友達に面白いときいて見たのがきっかけで見始めてハマりました。

巨人に支配されるという今までにないジャンルの漫画だと思います。

親を亡くしてしまった主人公エレンが巨人を駆逐する兵団に入って戦います。

そこにいるリヴァイ兵長がとにかくかっこいいんです。

クールで冷たい雰囲気ですがしっかりエレンを支えてくれる所も素敵です。

身長は小さくて、坊ちゃん刈りみたいな髪型ですが本当かっこよくて惚れそうです。

巨人を倒す時の剣さばきもすごいです。

巨人を一瞬で仕留める腕は兵団一で上長から頼りにされています。

自分の団員を何があっても守る姿勢がこんな上司がいたらいいなぁって見るたびに思います。

戦闘シーンは毎回かっこいいので何度か繰り返し読んでしまいます。

アニメ化もしているのですがイメージが崩れそうだなーと思っていたのですがそのままのイメージでよかったです。

今後の展開がまだまだ楽しみです。

エロくて面白いと言えば、奪われた母娘 黒猫スミスの作品も母娘の鬼畜なレイプ展開が良かったです。

凛々しい姫武将がかっこいい「雪花の虎」

東村アキコさんのマンガ「雪花の虎」3巻を読みました。

先日は、ネットでよく見かける夏のオトシゴ 漫画 無料で画像を立ち読みできるサイトがあったので読んでみました。

作者のアイスピックの絵が上手くて、恋人がいるJKがクラスの男の子に寝取られるエロい展開に大興奮しました。

上杉謙信が女性だったと想定して描かれた歴史マンガです。

15歳にして初陣で大勝利をおさめた景虎は、毘沙門天の生まれ変わりと言われるにふさわしい武将に成長しました。

この巻は、父の為景の代から長尾家に仕えてきた黒田が謀反を起こす話からのスタートでした。

すぐさま兄の元に駆けつけ、あっという間に黒田を討伐した景虎の行動力は見事でした。

一言で相手を黙らせ従わせるリーダーシップ力と、凛としたそのたたずまいはすごくかっこよくて惚れます。

男装の女性の魅力というのは、時代をも超えるのだなぁなどと考えてしまいました。

現代でいうところの、宝塚の男役のファンになるような感覚でしょうか。

一方で人知れず毎月の重い生理に苦しむ様子からは、姫武将ならではの苦労が伝わってきます。

時代に翻弄されながらもたくましく生きる景虎の姿はとても美しく、続きを楽しみにしている作品です。

少女漫画とて侮れない7SEEDS

7SEEDSという作品があります。
普段ならば少女漫画を読むなんてことはないのですが、これは別、「面白い!」

アイスピック 漫画の寝取られ同人誌・夏のオトシゴを読んだ時の高揚感を思い出しました。

何が面白いってサバイバル要素がしっかりと描かれていることですね、正直少女漫画というものを侮っていました。
作者さんは良く調べて描いてるんだろうなーっと思ってしまうことが多々ありとても勉強になります
このサバイバル要素というのが妙に男心をくすぐるというか道具一つにしてもしっかりと描かれているのでより楽しめています

物語としては地球に巨大隕石が落ちてくることがわかったので、人類という種を残すために選ばれた男女達をコールドスリープさせ巨大隕石の余波が無くなった頃に起きてもらうから頑張って生き残ってね!というかなり無責任な感じです、すでに世界は荒廃してしまっているので食べ物もロクありません、一応必要な物資や資源を残しておいてくれてはいるのですがそれも有限なので、狩りや普段じゃ食べないであろう物を食べたりするのですがそれもまた見ていて楽しい要素かもしれません。

もちろん少女漫画らしく恋愛要素やドロドロした人間関係もありますが、私にとってはその辺りはオマケに近く
やはり読んでいて飽きないサバイバル要素がとても面白く、男の方にもお勧めできる作品です。

都市伝説が好きな人におすすめの漫画「終焉ノ栞」

この漫画、原作はなんとニコニコ動画で発表されている楽曲。

ノベライズ版もあるので活字が好きな方はそちらも是非!
曲に使われているフレーズが所々に散らされているのでファンならば思わずニヤリとしてしまうと思います。

とある高校にある「オカルト研究部」の部員に降りかかる様々な怪奇現象……じわじわと這い寄るような感覚にぞくぞくします。

また、この漫画の面白い所は章ごとに視点が変わっていくこと。

第一章ではA弥という少年の視点。
しかしここではまだ解ききれない謎や不思議が残ります。
そしてその謎は第三章のC太の視点で明かされます。

つまり、視点は違えどすべての話がリンクしているのです。
そのやりとりや心情をみて推理していくのもとても面白いですよ。

そしてこのコミカライズ、ノベライズ版ではスポットが当たらなかった人物を取り上げ、オリジナルのストーリーを見せてくれます。

新たな視点から見る新たな謎とヒント…果たして、真相は…?

天井から落ちてきた女の子と合体!
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

地獄の日常を描いた「鬼灯の冷徹」が面白い

私は「鬼灯の冷徹」という漫画が面白くて好きです。

「鬼灯の冷徹」は、地獄が舞台の漫画。

地獄というと怖いイメージがありますが、実は地獄の日常を描いたギャグ漫画作品。

地獄と言えば真っ先に思い浮かぶのは閻魔大王ですが、この作品に出てくる閻魔大王は仕事中は厳しい顔を見せていても、他ではだらけていたり孫自慢をするのが趣味だったりと、今までのイメージとは違う閻魔大王が出てきます。

そして主役はこの閻魔大王に仕える第一補佐官の鬼神、鬼灯。

タイトル通り、基本的には冷静でドS気質なのですが、動物好きで地獄にムツゴロウ王国を作るのが夢だったり、折りが合わない天国の白澤を前にすると先に攻撃をしかけたり、面白いことが好きでお茶目な一面もあったりと、色んな側面があるんです。

一話完結もので、日本のみならずEU地獄やエジプトの地獄も出てきて登場人物もサタンやベルゼブブ、トト神などワールドワイドで、もちろん日本世界からも御伽話からの英雄や動物、妖怪や神話の神様まで様々な登場人物で賑わっていて、飽きさせません。

動物の中では桃太郎ブラザーズとして犬のシロ、サルの柿助、キジのルリオがメインキャラで出てきますが、シロがおバカキャラで可愛いです。

作者の江口夏実は美大卒で日本画専攻だったこともあり、他の漫画とはちょっと違う和風の独特な作風で特に表紙のカラー絵なんかは部屋に飾っておきたくなるくらいに繊細で凄いです。

ギャグとしては現代の小ネタをちょくちょく挟んでくるのも嫌いじゃないですし。

2014年に一度アニメ化されたのですが、アニメで見ても面白かったので、また二期をやって欲しいです。

夏のオトシゴ エロマンガも恋人がいる巨乳のJKが寝取られる展開が最高に興奮しました。

「ルナティック雑技団」の新装版が出ていた

大人になって長く漫画を買っていない。
昔は人気漫画はチェックしていたし、どんな漫画が流行っているのか知っていた。

しかし子供が産まれてから新しく漫画を買うことはめったになかった。

そんな時岡田あーみんの「ルナティック雑技団」の新装版が発売されていると知り驚いた。

岡田あーみんといえば、もう20年ほど前になるだろうか。
彼女はあの「りぼん」でギャグ漫画を連載していたマンガ家である。

正統派少女漫画雑誌である「りぼん」で変態が多く登場するギャグ漫画はとても異色だった。
しかしお腹が痛くなるほど爆笑したマンガ家は彼女が
初めてである。

あの頃一部の少年少女を虜にした岡田あーみんは今はどうしているのか分からずミステリアスな存在だった。

ルナティック雑技団も単行本に収録されていない話があったが、作者に確認がとれず長らく単行本になることはなかった。

しかし未収録の作品が単行本になるとのこと。
さっそく私は購入した。

実はルナティック雑技団は全て購入している。
数話入っているだろう未収録作品のためだけに新装版を買ったのだ。

しかしこの時を待ちわびていたあーみんファンは多いことだろう。

またずっと読みたいと思っていたあーみん劇場もしっかり収録されていた。

もし昔岡田あーみんという漫画家を知っている人がいたらルナティック雑技団の新装版をぜひ買って欲しい。

そして岡田あーみんを知らない世代にも、こんな天才ギャグマンガ家がいたのだということを知って欲しいのでぜひ読んでもらいたい。

その他、おすすめの作品は、まろん☆まろんのエロ漫画ですね。

新作の何かいるっ!!!2は、嫁に行った新婚のJK妹を透明人間に変身した兄が旦那から寝取る内容で、姿が見えない透明人間にハメられまくる妹の姿がすごくエロかったです。
何かいるっ!!!2 エロ漫画

連載再開で久しぶりにハンターハンターを読み返しました

今年の春、久しぶりに連載が再開したとのことで、昔から好きで集めている「HUNTER×HUNTER」を1巻から読み返してみました。

初めて読んだ時はまだ中学生だった頃で、当時もとてもおもしろくわくわくしながら読んでいたのですが、大人になってから読み返すと子どもの頃とはまた違ったおもしろさを感じたり違ったところに感動したりしますね。

大人になるとどうも涙腺がゆるくなり、以前は普通に読んでいたところでもうるっときてしまうところもあります。

無料立ち読みできる男性向けアダルト漫画。まろん☆まろん むち無知ッ強制成長中っ!!!は、おやつのクッキーで園の娘たちがムチムチな大人ボディに大変身!

見た目は巨乳のエロい大人の女性なのに、中身は子供のままで純心な女の子と言うギャップに萌えます。

主人公のゴンという少年が父親・ジンの職業であるハンターを目指しハンター試験を受けるところから始まるストーリーですが、出てくるキャラクターが味方も敵も個性が強く魅力的な人物ばかりです。

連載再開したもののまたまた休載してしまい、続きが読めるのがいつになるかはわかりませんが、逆に今から読み始めても最新話まで追いつきやすいので読んだことのない人はぜひ読んでみてほしいです。

お金の勉強になる「インベスターZ」

私のオススメの漫画は「インベスターZ」です。

この漫画は道塾学園という中高一貫校を舞台に投資について学べる漫画です。

なぜ中高生が投資なのかと疑問に思うと思いますが、実はこの学校の運営は中高生達の投資して得た利益で運営されているという設定なのです。

私は投資は全くやったことがありませんでしたが、投資についてイチから学べます。

またこの漫画のいいところは架空の会社などではなく実在の人物や会社がでていることです。

自分の知っている会社が取り上げられると身近に感じますし、意外と知らないその会社の業務内容など勉強になることがたくさんあります。

また学園の成り立ちを描いた話では日本の過去の経済史を知らず知らずのうちに学ぶことができます。

投資の種類にしても株式投資だけでなくFXや金など多岐にわたるので言葉は聞いたことがあるけれど、内容については何も知らなかった私は初めて知る投資知識も色々ありました。

アダルト漫画のガキにもどって犯りなおしっ!は、スマホやパソコンで読める、まろん☆まろんと言う漫画家のオリジナル同人誌でサンプル画像や漫画の無料立ち読みが可能です。
↓↓
ガキに戻って犯りなおし まろん

かわいいロリ顔キャラに対して、体つきはむっちりした巨乳・爆乳キャラばかりというギャップがたまらない作品。

子供になった主人公がタイムスリップして、いじめっ子の女子達に復讐すると言う展開もよいです。