コミック版「ラブライブ!」4巻目について

コミック版「ラブライブ!」4巻目について書きたいと思います。

イラストは少しがさつですが、まあまあ味があります。

コマ割はほどよくまとまっていると思います。

それにしても、ご本家ラブライブの漫画って、まだ連載されていたのですね。

4巻目は勝負をテーマとして描かれていますね。

少し女の子らしさがなくなってしまったのは、残念です。

4巻目には「乳もみ」シーンはありませんでしたね。

どこまでエッチなシーンを入れるのかが難しいところなのかもしれません。

キャラクターは女の子同士なので、私はそちらの方が好みです。

女同士のレズ的な漫画が好きです。

4巻目でも、もう少し「エロかわ」なシーンがほしいところです。

それにしても、コミック版「ラブライブ!」の5巻目は出版されるのでしょうか?どうせ4巻目を出したなら、5巻目も出版してほしいところです。

私は、「小泉花陽」が好きなので、5巻目では小泉花陽を描いてください。

エロかわいい女の子が好きなんで、女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。と言うエロ漫画もすごく好みでした。

天井から落ちてきた女の子とHする夢のようなシチュエーションもさることながら、巨乳のツンデレヒロインな大家さんがすごくかわいい作品です。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料立ち読みできる電子子コミックです。

とにかくリヴァイ兵長がかっこいい漫画「進撃の巨人」

友達に面白いときいて見たのがきっかけで見始めてハマりました。

巨人に支配されるという今までにないジャンルの漫画だと思います。

親を亡くしてしまった主人公エレンが巨人を駆逐する兵団に入って戦います。

そこにいるリヴァイ兵長がとにかくかっこいいんです。

クールで冷たい雰囲気ですがしっかりエレンを支えてくれる所も素敵です。

身長は小さくて、坊ちゃん刈りみたいな髪型ですが本当かっこよくて惚れそうです。

巨人を倒す時の剣さばきもすごいです。

巨人を一瞬で仕留める腕は兵団一で上長から頼りにされています。

自分の団員を何があっても守る姿勢がこんな上司がいたらいいなぁって見るたびに思います。

戦闘シーンは毎回かっこいいので何度か繰り返し読んでしまいます。

アニメ化もしているのですがイメージが崩れそうだなーと思っていたのですがそのままのイメージでよかったです。

今後の展開がまだまだ楽しみです。

エロくて面白いと言えば、奪われた母娘 黒猫スミスの作品も母娘の鬼畜なレイプ展開が良かったです。

都市伝説が好きな人におすすめの漫画「終焉ノ栞」

この漫画、原作はなんとニコニコ動画で発表されている楽曲。

ノベライズ版もあるので活字が好きな方はそちらも是非!
曲に使われているフレーズが所々に散らされているのでファンならば思わずニヤリとしてしまうと思います。

とある高校にある「オカルト研究部」の部員に降りかかる様々な怪奇現象……じわじわと這い寄るような感覚にぞくぞくします。

また、この漫画の面白い所は章ごとに視点が変わっていくこと。

第一章ではA弥という少年の視点。
しかしここではまだ解ききれない謎や不思議が残ります。
そしてその謎は第三章のC太の視点で明かされます。

つまり、視点は違えどすべての話がリンクしているのです。
そのやりとりや心情をみて推理していくのもとても面白いですよ。

そしてこのコミカライズ、ノベライズ版ではスポットが当たらなかった人物を取り上げ、オリジナルのストーリーを見せてくれます。

新たな視点から見る新たな謎とヒント…果たして、真相は…?

天井から落ちてきた女の子と合体!
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

地獄の日常を描いた「鬼灯の冷徹」が面白い

私は「鬼灯の冷徹」という漫画が面白くて好きです。

「鬼灯の冷徹」は、地獄が舞台の漫画。

地獄というと怖いイメージがありますが、実は地獄の日常を描いたギャグ漫画作品。

地獄と言えば真っ先に思い浮かぶのは閻魔大王ですが、この作品に出てくる閻魔大王は仕事中は厳しい顔を見せていても、他ではだらけていたり孫自慢をするのが趣味だったりと、今までのイメージとは違う閻魔大王が出てきます。

そして主役はこの閻魔大王に仕える第一補佐官の鬼神、鬼灯。

タイトル通り、基本的には冷静でドS気質なのですが、動物好きで地獄にムツゴロウ王国を作るのが夢だったり、折りが合わない天国の白澤を前にすると先に攻撃をしかけたり、面白いことが好きでお茶目な一面もあったりと、色んな側面があるんです。

一話完結もので、日本のみならずEU地獄やエジプトの地獄も出てきて登場人物もサタンやベルゼブブ、トト神などワールドワイドで、もちろん日本世界からも御伽話からの英雄や動物、妖怪や神話の神様まで様々な登場人物で賑わっていて、飽きさせません。

動物の中では桃太郎ブラザーズとして犬のシロ、サルの柿助、キジのルリオがメインキャラで出てきますが、シロがおバカキャラで可愛いです。

作者の江口夏実は美大卒で日本画専攻だったこともあり、他の漫画とはちょっと違う和風の独特な作風で特に表紙のカラー絵なんかは部屋に飾っておきたくなるくらいに繊細で凄いです。

ギャグとしては現代の小ネタをちょくちょく挟んでくるのも嫌いじゃないですし。

2014年に一度アニメ化されたのですが、アニメで見ても面白かったので、また二期をやって欲しいです。

夏のオトシゴ エロマンガも恋人がいる巨乳のJKが寝取られる展開が最高に興奮しました。

連載再開で久しぶりにハンターハンターを読み返しました

今年の春、久しぶりに連載が再開したとのことで、昔から好きで集めている「HUNTER×HUNTER」を1巻から読み返してみました。

初めて読んだ時はまだ中学生だった頃で、当時もとてもおもしろくわくわくしながら読んでいたのですが、大人になってから読み返すと子どもの頃とはまた違ったおもしろさを感じたり違ったところに感動したりしますね。

大人になるとどうも涙腺がゆるくなり、以前は普通に読んでいたところでもうるっときてしまうところもあります。

無料立ち読みできる男性向けアダルト漫画。まろん☆まろん むち無知ッ強制成長中っ!!!は、おやつのクッキーで園の娘たちがムチムチな大人ボディに大変身!

見た目は巨乳のエロい大人の女性なのに、中身は子供のままで純心な女の子と言うギャップに萌えます。

主人公のゴンという少年が父親・ジンの職業であるハンターを目指しハンター試験を受けるところから始まるストーリーですが、出てくるキャラクターが味方も敵も個性が強く魅力的な人物ばかりです。

連載再開したもののまたまた休載してしまい、続きが読めるのがいつになるかはわかりませんが、逆に今から読み始めても最新話まで追いつきやすいので読んだことのない人はぜひ読んでみてほしいです。

こちら葛飾区亀有公園前派出所は、面白いし、ためになる

こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)は、既に200巻近い単行本が発売されており、アニメ化やドラマ化もされているので、知らない人はいないんじゃないでしょうか。

昔からこの作品が大好きで、ずっと読み続けていますが、いまだに飽きませんね。

警察官でありながら破天荒な生活を送る、主人公の両さん。

ダメなところや、自分にだらしないところもあるけれど、優しくて頼りになる感じ、今も変わらず憧れの存在です。

そして、そんな両さんを取り巻く、厳しくも優しい、派出所のメンバーを初めとした登場人物たちも魅力的です。

そんな「こち亀」ですが、ギャグマンガとしても非常に面白いのですが、様々な知識が得られるところが良い。

両さんはとても趣味の範囲が広く、遊びの天才であるため、その口からは色々な情報が飛び出てきます。

読んでていつも感心してしまいます。

笑えるのにためになる、そんな「こち亀」が私の中では、いつの時代もナンバーワンの漫画です。

最近、男性向けの大人コミックで紀元前1万年のオタって作品が人気があるので興味を持ちました。

タイムスリップ系の作品はいろいろありますが、原始時代の女性達とセックスする展開がエロくて楽しました。

スマホで無料立ち読みができますよ。
紀元前1万年のオタ 無料立ち読み

アニメの漫画版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とにかく感動

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を読んで、涙が溢れてきました。

めんまがやり残したことがあると生き返ってからのじんたんとの生活。

じんたんにしか、めんまの姿を見ることができない。

そして友人たちは、じんたんの言葉を建前上信じたフリをする。

めんまの存在が明らかになった日からの物語の速さと見やすさ。

そして思い出のかくれんぼ。

一つ一つのストーリーに感情が込められていて。

みているこっちまで感情が入り込んでしまいました。

打ち上げ花火の日一度は消えたと思っためんま。

じんたんのお母さんとの約束がめんまの願いと気づいたとき、叶ったとき。

そしてクライマックス。

一度は消えためんまがみんなの前に現れる。

みんなの目にめんまが見えるとき。

めんま含めた6人の思い。

めんまに思いのたけを伝える5人。

5人に思いを伝えるめんま。

本当に最高です。

漫画でこんなに泣いたのは初めてで、何度読んでも色褪せません。

男性に人気の大人コミック。

まろんまろん 犯りなおしって作品に興味があって、試しに読んでみました。

大人の心のまま、子供の姿に戻り過去をやり直すと言う話ですが、エロ同人誌なのでそこはエッチなシチュエーションになってました。

いじめっ子の幼なじみやお姉さんが、ガキの姿の主人公に犯されるシーンに大興奮です!

「鋼の錬金術師」は、登場人物が生き生きしています

「鋼の錬金術師」の一番の魅力は、個性豊かな登場人物たちです。

一人一人が生き生きとしていて、本当に人間らしいのです。

その理由の一つは、登場人物一人一人が自分を持っていて、願いや目的を持っていることです。

主人公であるエドとアルは、自分たちの錬金術の失敗によりなくした身体を取り返すために、賢者の石を探す旅に出ます。

その賢者の石を巡って様々なトラブルに巻き込まれていくのです。

エドとアルはもちろん、はっきりとした目的のもと、旅を続けています。

そしてその二人を支える周りの登場人物たちも、皆がそれぞれに目的や大切なものなどがあるのです。

そしてそれは、賢者の石を巡る戦いの敵のキャラクターたちにも変わりなくあるのです。

そのため、どの登場人物も魅力がいっぱいで、「鋼の錬金術師」のファン同士で話していても、好きな登場人物が被らないほどです。

またこの作品は、全27巻という短い中に必要なことのみがぎっしりとつまっていて、読み応え十分です。

一ページも無駄なページがなく、全ての話が、物語の本筋に関係しているのです。

ストーリーも登場人物もしっかりしているため、読み始めたら最後まで止まらずに読むことができます。

女性にも男性にもおすすめの作品です。

今週読み終えたちょっとエッチなコミックは読んで損なし!ストアで立ち読みすると良いでしょう。

濡れ透けjkその後についてですが、ねむのやさんが書かれている、雨宿りしている巨乳で肉感的な女子高生をバス停でレイプするエロマンガなんですよ。

スマホ等のデバイスで試しに読める男性向けエロの電子漫画。

エロくて興奮する展開が素晴らしい!このエロ漫画は、お試しに立ち読みしてはどうでしょう?
濡れ透けjkその後の立ち読みをする。